カーナビゲーションシステムでよりいっそう充実したカーライフ

カーナビゲーションシステムとは、グローバルポシショニングシステムを使い、衛星から送られてくる電波を使って現在の位置を特定するシステムのことをいいます。

測位には三点交差法が使われているが、三点交差法とは3機の衛星から発信される電波を受信し、平面上の位置を特定する方法で3機の衛星があれば測位できるのだが誤差がしょうじやすい。 衛星が多いほど測位の精度が上がるためより多くの衛星から電波を受信するにこしたことはないようです。

グローバルポシショニングシステムで測位したデータを車内設置されたモニターに写しだした地図上に投影するのだが、より正確なデタを得るためにクルマの走行スピードも計算されています。 当初はデータを記憶している媒体はCD-ROMだったが、現在はより容量がおおきなDVD-ROMタイプと、コストは高くなるが付加機能の多彩さが人気のハードディスクドライブ方式の2タイプが主流になっています。

ハードディスクドライブ方式は記憶容量に余裕があるのでクルマから見える風景をリアルに再現できる。 中にはインターネットでデータが更新できるものもあるのでそのあたりは大変利便性に優れている。

こんな感じでハードディスクドライブ方式は機能が多いのも魅力といえるでしょう。 余分な機能はいらず、ナビゲーション機能だけで充分だというならDVD方式でも充分対応できるのでそういう方はDVD方式もありでしょう。

さらに最近のカーナビゲーションシステムの事情として、カーナビゲーションシステムに情報を集める手段に携帯電話の回線を利用するサービスが充実しているようです。 そのへんも利用してみると、カーライフのよりいっそうの充実が図れるのではないでしょうか。